INFORMATION

サービス関連情報

インフレ対策

記事 インフレ対策のアイキャッチ画像

戦後日本は高度経済成長期やバブル期のインフレ時代を経た後に、「失われた20年」と呼ばれるデフレ時代に突入し、近年黒田バズーカと呼ばれる異次元緩和政策の導入とアベノミクスと呼ばれる経済政策が実施される中、当初年2%のインフレ目標を掲げデフレ脱却の転換期を迎えつつあります。

デフレ時は貨幣価値が上がるわけですから、現金が強さを発揮しますので運用して増やす必要性が低下します。

インフレ時は貨幣価値が下がるわけですから、現金のまま保持し続けると勝手に目減りし続けるリスクを抱えますので運用して増やす必要性が高まります。

デフレ、インフレいずれにも対応できる策は講じたいものです。

やはり、分散投資が有効なのではないでしょうか。

インフレ時は特に現金を投資して運用する必要性が増します。

現金・株・不動産という財産3分法と呼ばれるリスク分散の考え方が一般的でありますが、他にも金、債権、外貨、投信などなど、最近では仮想通貨なども投資対象となり投資手段は様々です。

値動きの緩やかなものもあれば激しいものもあるわけなのですが、近年NISAやiDecoといった税制優遇を伴った長期運用志向の強い手段の注目度が高まっています。

資産の形成方法としては様々な投資対象や投資手段がありますが、手間をかけ短期の売買差益で儲けを積み上げる方法もあれば、ほったらかしで気長に増えるのを待つ長期運用もあります。

いずれにせよライフプランに適した運用方法がそれぞれの方に必要だと考えます。

記憶に新しい2000万円足りないという年金問題に象徴されるように、老後の生活を維持するためにできるだけ早いうちから各家計単位で自力での運用で資産を増やさざるを得ない状況もあり、今後インフレ政策が維持され続けるとなると余計に資産形成の必要性が増すというわけです。

そこで当社が多くの方にオススメしている考え方としては、長期的思考でほったらかして手間暇かけずローリスクミドルリターンを目指すような手段の選択です。資産運用の必要性が増しているからと言ってそのために本業が疎かになってしまっては元も子もないと考えます。目先で目に見えるはっきりとした儲けは諦める考え方です。遠い将来のための資産形成を目指します。見る先が遠ければ遠いほどローリスクからノーリスクに限りなく近づくことができ確実な資産形成とインフレ対策が同時にできる方法こそが不動産投資です。これなら本業も疎かにせず大きな金銭リスクも抱えず、僅かな資金で大きな資産形成が可能です。それを実現させる根拠が家賃収入という不労収入です。物件を所有しその不労収入を得る権利を得るからこそ、そのお金で資産を少しづつ長い時間をかけ形成していくことが可能となるのです。

その中でも一番わかりやすくて始めやすくて手間暇がかからないのが資産形成としての運用型マンション投資です。

なぜ始めやすいかとういう理由はこうです。一般のサラリーマンの方でも分譲マンションなら全額住宅ローンの融資で物件を所有できる可能性が高い傾向にあるからです。不動産は高額です。一般のサラリーマンの方にとっては高額であればあるほど特に投資用の物件(分譲マンション以外の不動産)は融資審査が厳しくなる傾向があり何割かの自己資金を要求されがちとなります。少なくとも何千万円や何億円の何割という話ですから何百万円から何千万単位で自己資金が必要ということになるわけです。そうなれば決して始めやすいとはいいづらいはずです。

当社が推奨するモデルプランとしては、初期投資費用をできるだけ抑え長期運用を目指し将来のインフレ対策と年金対策を同時並行で現在の生活スタイルを変えずに行うためのプランを基本軸として提案しております。

当社は現金・株・不動産といったリスク分散投資の一角としての不動産投資を安全かつ着実に行っていただくための物件を提供してまいります。