VOICES

お客様の声

とにかくスタートすることが大事

名古屋市在住 I・T様 / 42歳 / 医師 / 保有戸数:8戸

記事 名古屋市在住 I・T様のアイキャッチ画像

〇現在の生活状況
勤続15年
年収約1700万円
マイホーム所有
配偶者:看護師
子:高校生2人

〇所有投資物件について
区分所有マンション。大阪市内で1Kタイプ5戸。神戸市内で1Kタイプを2戸。京都市内で1Kタイプを1戸。いずれも駅前10分圏内。新築物件を6件、中古物件を2件購入。物件価格は1戸あたり1500万円台~2200万円台。家賃収入は合計月約600,000円。

不動産投資を始めたきっかけは何ですか?

様々な投資の比較をした結果、不動産投資にいきつきアパートの所有を検討している時でした。たまたま同僚と酒の場で不動産投資の話になり、同僚がすでに所有物件の管理を任せているというエスアールを知り紹介を受けコンサルティングを依頼しました。そこで不動産投資の全体像が見えた時、投資すべき対象の不動産ががこれだとわかりました。エスアールの薦める物件は鉄筋コンクリート造の区分所有マンション、関西主要都市圏内、駅徒歩10分圏内、単身向けの部屋が中心です。その理由がすべて理にかなっていることに納得したのが実際に投資に踏み切ったきっかけです。

不動産投資を始めて変わったことはありますか?

アパートを所有することにも少し未練はあります。しかし、自分が生きている間、死んだ後を総合的に考えると手間暇の問題、修繕コスト、管理コスト、耐用年数、立地リスクや事故リスクが1棟まるごとに集中してしまう点、相続時の問題点などを考慮すると短期的な売却を視野に入れておかないとアパート所有にはなかなか踏み切れないというのが今の私の答えです。アパートの物件選びは思いのほか難易度が高いのも事実です。それでも不動産のプロと同じレベルで時間を使い一生懸命やれればいいのでしょうが、一生医療に携わり本業をまっとうするつもりの私ですので、それは私の不動産投資に対する本来の目的主旨に反することとなります。今のワークライフバランスを変えずに資産形成をするという目的が達成できているという点においては、何も変わらないということに今は満足しています。

不動産投資を始めて分かった不動産投資のメリットを教えてください

不動産投資を始める前、あらゆる本やネットでそれなりに結構勉強したつもりではおりました。不動産投資をスタートして新たに分かったことは、正解がないということと、とにかくスタートすることが大事だということです。もし私がエスアールと出会わずそのまま自分が探してきた不動産会社でアパートを購入していたとしても、それはそれでそれなりに納得しながらやっていたと思います。どんな不動産を所有してもリスクはゼロではありません。たまたま私はそのリスク分散ができているだけの話であって、結局のところ最大のリスクは何もしないということだとわかりました。人生は一度きりです。不動産投資は一刻も早く行うことが最大のメリットであると私は考えます。経済や市況は常に移ろいます。短期的に物件の値段が上がろうが下がろうが、高値で買おうが安値で買おうが、それが実はそんなに問題ではないのです。今の生活を壊してまで買い急ぐ必要はありませんが、生活スタイルを変えない範囲であれば、一生涯または次世代のことを考えた時に不動産投資は一刻も早くやった者勝ちだと考えます。

将来の展望があれば教えてください

現在私は区分所有のマンションを8戸所有しています。多いか少ないかはわかりませんが、現時点においては将来のライフプランも含めて適正だと考えています。その判断ができているのも、やはり専門家のアドバイスがあってこそだと考えています。とにもかくにも判断するための材料や知識を得る時間とそれを分析する時間を専門家は大いに短縮してくれます。物件を増やす過程においてはそれぞれの物件を検討する時間がとても楽しく、同時に将来設計におけるしっかりとしたファイナンシャルプランを作ることで気持ちにも余裕が生まれ仕事もさらに集中することができますしプライベートも充実します。これからもなにか資産運用などで気になったことがあればエスアールのアドバイスを借り、本業に集中しさらに技術を磨き医療を通じてもっと社会に貢献できるようになることがわたくしの展望です。